診療案内

診療案内

眼科一般の診療をはじめ、日帰り手術まで対応します。

当院では眼科全般に対応していますが、なかでも、白内障手術および網膜硝子体手術(糖尿病網膜症、網膜剥離、黄斑上膜、黄斑円孔、加齢黄斑変性など)に力を入れています。皆様の大切な目を守るため、全力を尽くして治療にあたります。

眼科一般

視力が低下した、目が疲れやすい、目やにがでる、目が充血するなど、目に関することなら何でもご相談ください。

主な疾患、症状

ドライアイ

涙の量や質が低下し、眼が乾燥することにより、黒目に傷ができ、白目に炎症がおこる病気です。パソコンやスマートフォンの使用中に眼に違和感がある方、充血しやすい方は、検査をお勧めします。

結膜炎

白目に細菌やウイルスが感染し、充血や目やにを伴う病気です。ウイルス性のものは感染しやすいため、他人にうつさないよう早めに受診して対策をとることが必要です。
また、花粉、ハウスダスト、コンタクトによるアレルギー反応が原因のこともあります。

コンタクトレンズ・メガネ処方

近視、遠視、乱視、老眼など様々な屈折異常に対して処方します。 コンタクトをつけているときに充血、眼精疲労、異物感、ドライアイなどの症状がある方もご相談ください。

取り扱いコンタクトレンズ一覧

眼精疲労

長時間のパソコン作業、屈折異常、眼鏡の過矯正などが原因となって、身体へ悪影響をおよぼす状態です。原因精査の上、それに応じた治療をお勧めします。

ものもらい

まぶたに細菌が感染して腫れと痛みを伴うもの(麦粒腫)です。類似疾患に、脂成分がまぶたに溜まって腫れる痛みがないもの(霰粒腫)があります。共にお薬でよくならない場合は切開が必要になります。

日帰り手術の案内

豊富な実績を持つ院長が、安全で患者様の負担の少ない手術を行います。当院の手術室は世界最高水準の手術機械とクリーン設備を備えており、白内障をはじめ、網膜硝子体疾患などさまざまな疾患に対応します。
手術については、事前に患者様やご家族に対して院長より説明しますので、不安に感じていることや不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。

当院で行っている日帰り手術

白内障手術

白内障手術の方法や手術までの流れについて紹介します。患者様への負担も少ない手術ですので、ご安心ください。

この手術の詳細へ多焦点眼内レンズ

網膜硝子体手術

網膜硝子体手術の方法や適応される疾患について紹介します。
適応される疾患:糖尿病網膜症、網膜剥離、硝子体出血、黄斑円孔、黄斑前膜、黄斑浮腫、網膜静脈閉塞症など

この手術の詳細へ

緑内障手術

失明原因の上位とされる緑内障について、その治療法・手術について紹介します。

この手術の詳細へ

硝子体注射

適応される疾患:加齢黄斑変性、網膜静脈閉塞症、糖尿病黄斑浮腫など

眼科一般手術

霰粒腫、麦粒腫、翼状片や結膜弛緩症などの手術にも対応します。

手術に不安がある方へ

患者様に安心して手術を受けていただくために

1.痛みのない手術を心がけています。
手術中は麻酔をするため、基本的に痛みを感じることはありません。しかし、痛みについて不安をお持ちの方には、3種類の麻酔方法を使って対応しますので、ご相談ください。
2.患者様がご理解、ご納得されるまで説明を行い、
手術への不安や緊張が少しでも和らぐように努めています。
手術について不安に感じていることは、何でもお気軽にご相談ください。当院では、手術前にどのような流れで手術が行われるのか、患者様自身がご理解、ご納得されるまで説明を行い、不安や緊張が少しでも和らぐように努めています。
3.万一、術中合併症が起きた場合にも当院で最善の治療を行います。
一般的に、術中合併症は一定の割合で発生します。
院長は大学病院で、他施設から送られてきた合併症例を多数治療してきたため、最適な治療が可能です。

高額療養費制度について

手術など高額な治療費の一部が還付される制度があります。

手術費など治療費が高額になった場合に、一定の自己負担限度額を超えた費用が払い戻される制度(高額療養費制度)があります。年齢や所得に応じて、ご本人が支払う医療費の上限が定められています。またいくつかの条件を満たすことで、負担をさらに軽減する仕組みも設けられています。

所得・年齢ごとの自己負担限度額及び申請方法など詳細については、厚生労働省のホームページ高額療養費制度を利用される皆さまへのPDFファイルをご覧ください。

  • ●高額療養費の還付は、1ヶ月分ごとの支払額の合計が対象となります。
  • ●高額医療費制度により、両眼の手術は同一月内に手術をした方が還付が多くなる場合があります。

ページトップへ