多焦点眼内レンズ

眼内レンズの種類

多焦点眼内レンズとは?

白内障手術の際に挿入する眼内レンズには「単焦点眼内レンズ」と「多焦点眼内レンズ」の2種類があります。健康保険適用内の白内障手術には、単焦点眼内レンズが使用されます。

単焦点眼内レンズは、ピントが1点で合うレンズです。遠方にピントを合わせた眼内レンズだと近方にピントが合わず、逆に近方にピントを合わせた眼内レンズだと遠方にピントが合いません。そのためメガネが必要になります。

多焦点眼内レンズは遠近(中間距離はピントが合いにくい)、遠中(近方距離にはピントが合いにくい)の2点、もしくは遠中近の3点にピントが合う眼内レンズです。多焦点眼内レンズは複数種類ありそれぞれ特性あるため、手術を受ける方のライフスタイルに応じて最適なレンズを選ぶ必要があります。

多焦点眼内レンズのメリット

  • ● レンズの種類により、遠中近、遠近もしくは遠中にピントが合います。
  • ● メガネの装用頻度が減る。

多焦点眼内レンズのデメリット

  • ● 街灯や車のライトがにじんで見える場合があります。
  • ● 薄暗い場所では、コントラスト感度が低下する場合があります。

当院で扱っている多焦点眼内レンズの種類

当院で扱っている多焦点眼内レンズの種類

クリックするとPDFで大きく表示されます

当院で扱っている多焦点眼内レンズの特徴

テクニス シンフォニー VB(J&J Vision社):先進医療適応
ピント 遠方・中間
乱視矯正 なし
特徴 エシェレット回折型デザインにより、グレア、ハロー、コントラスト感度低下といった症状がほぼなくなりました。
アクリソフ レストア ナチュラルシングルピース(Alcon社):先進医療適応
ピント 遠方・近方
乱視矯正 あり
特徴 アボダイセーション光学デザインにより、グレア、ハローなどの不快な症状が軽減されています。
テクニス マルチフォーカル ワンピース(J&J Vision社):先進医療適応
ピント 遠方・近方  遠方・中間
乱視矯正 なし
特徴 透明レンズのため、暗い所でのコントラスト感度の低下が少ないです。
AF-1 iSii(HOYA社):先進医療適応
ピント 遠方・中間
乱視矯正 なし
特徴 屈折型のためグレア・ハローと呼ばれる現象は軽減されます。
ファインビジョン(PhysIOL社):自由診療
ピント 遠方・中間・近方
乱視矯正 あり
特徴 回折型多焦点レンズのなかで光学的エネルギーロスが最も少ないため、コントラスト感度が他のレンズよりもかなり良好です。
LENTIS Mplus レンティスエムプラス(Oculentis社):自由診療
ピント 遠方・近方(中間も見れます)
乱視矯正 あり
特徴 完全オーダーメイドの多焦点眼内レンズです。遠方部分と近方部分の境目がなく遠方から近方までがスムーズにつながって見えるのが特徴で、コントラストの感度は良好、光学的な光のロスが少なくグレア・ハローも出にくくなっています。遠近の二重焦点レンズですが、中間視力も良好です。

「先進医療特約」について

医療保険の中には、先進医療にかかる費用をカバーするプラン「先進医療特約」を設けている保険があります。
多焦点眼内レンズによる白内障手術を検討されている方は、契約中の保険会社に「先進医療特約」に加入しているかご確認ください。

■ 先進医療とは?

先進医療とは、厚生労働省が定める「高度な医療技術を用いた治療」で、厚生労働省が認めた医療機関のみが実施できる医療行為のことです。

■ 費用について

自由診療では、手術、検査および薬の処方など、手術に関する一連の医療行為にかかる費用は健康保険適用外になります。
一方、先進医療では患者負担の軽減を図り、医療の選択肢を広げるために、保険診察との併用が認められています。そのため、厚生労働省認定の先進医療実施施設である当院では手術費用以外の検査料や処方箋代が健康保険適用となります。

Add-Onレンズとは?(自費診療)

Add-On(アドオン)レンズとは、白内障手術後にすでに挿入されている眼内レンズの上に、もう一枚追加する眼内レンズです。白内障手術で矯正しきれなかった遠視・近視・乱視を矯正できます。
また、単焦点眼内レンズ眼に多焦点Add-Onレンズを挿入することにより、遠方も近方も見やすくすることができます。

Add-Onレンズの手術について

手術は片眼で10分程度です。

1.初回の白内障手術で、眼内レンズが水晶体嚢内に固定されています。

2.局所麻酔後、角膜切開からAdd-Onレンズを挿入します。

3.Add-Onレンズを毛様溝に固定します。

Add-Onのメリット

  • ● 単焦点眼内レンズで白内障手術を受けた方でも、多焦点のAdd-Onによりメガネの使用頻度を減らすことができます。
  • ● 見え方がイメージと異なる場合は、摘出して手術前の状態に戻すことができます。

Add-Onのデメリット

  • 【多焦点眼内レンズ特有のデメリット】
  • ● 街灯や車のライトがにじんで見える場合があります。
  • ● 薄暗い場所では、コントラスト感度が低下する場合があります。

ページトップへ